top of page

これからコインランドリーを

始めようとお考えの方へ

​失敗しない

本気のコインランドリー

ビジネスをご提案します

コインランドリー開業サポート

コインランドリービジネスをトータルサポート

ふとんや毛布などの大物洗い、スピーディーな乾燥、スニーカーの洗濯。 衛生かつ経済的、清潔環境の保持には欠かせない存在となり市民権を得たコインランドリー。消費者が高確率でリピーターになるのも大きな魅力です。
弊社は創業80年。数々の成功事例、失敗事例のデータを蓄積してきました。それを元に、収益確保の為には、新品、中古に関わらず、マーケット規模に合ったプランをご提案致します。
安定収入を追及するコインランドリー事業を、この機会に是非とも弊社でご検討下さい。

コインランドリー経営のメリット

​メリット1

現金収入

805836_s.jpg

​メリット2

人件費がかからない

無人店舗で成り立つので

余分な手間がかかりません

4019478_s.jpg

​メリット3

​景気に左右されない

4028582_s.jpg

代金未回収のリスクがなく

確実な収入

「洗濯」は日常生活に必要なもの

なので​生活に密着したビジネス

長期安定ビジネス

洗濯・乾燥は生活に不可欠ですので、コインランドリーは時代や消費者行動に左右されにくく、多角化経営の一つとして新規参入も簡単です。

133042.png

​資金運用・高利回り

高利回り追求の投資商材に最適です。安定的な収益を確保できます。

187591.png

遊休地・店舗の活用

放置している土地や空いている店舗などの有効活用をしましょう。土地を放置するデメリットを改善できます。

167545.png

脱サラ

退職金の運用として無人店舗で運営し、本業の傍らで第二の収入としてなど、安心できる低リスクのビジネスをご提案します。

112906.png
​コインランドリービジネスとは

コインランドリー経営をはじめる前にまずは​コインランドリービジネスについて
正しい知識を持つことから始めましょう

ABOUT COINLAUNDRY

コインランドリーについて知ろう
01

コインランドリーの歴史​・変遷と店舗形態

03

ランドリービジネスに新規参入した投資家の失敗実例

02

ランドリー需要の変化と今後の需要予測

04

失敗しないコインランドリー4つのポイント

​コインランドリーの歴史

HISTORY

pixta_54829723_S.jpg
銭湯の横にある単身者向け
コインランドリーは元々、風呂なしトイレなしのアパート暮らしの男性の必需産業でしたが、現在では生活に密接した生活必需産業へと進化を遂げています。
pixta_14838040_S.jpg
アメリカンスタイルの郊外型
pixta_59030966_S.jpg
都市部における若者向け店舗
コインランドリーの歴史
​コインランドリーの変遷

TRANSITION

コインランドリーは元々、風呂なしトイレなしのアパート暮らしの男性の必需産業でしたが、現在では生活に密接した生活必需産業へと進化を遂げています。
pixta_68228077_S.jpg

第一世代タイプ(昭和型・銭湯併設など)

IMG_1070.JPG

第二世代タイプ(しゃぼん・エムズ・ミスターランドリーなど)

その後、コインランドリーは個人オーナーを主体としたサブビジネスとして成長を遂げましたが、太陽光投資からのシフトにより投資目的としたランドリーが多く出現しました。
pixta_71316934_S.jpg
pixta_65762322_S.jpg

第三世代タイプ(個人オーナー主体のランドリー)

image27.jpeg
image28.jpeg

第四世代タイプ(投資目的のランドリー・FCチェーンの再来)

他業種との​併設

カフェ併設ランドリーは見た目もおしゃれでとってもかっこいい店舗になります。

一方でランドリー以外の設備投資がかかったり、人件費なども上乗せになってきますので、リスクが増すことや郊外型では少し不向きな部分店も認められます。

CAFEspace (1).jpg
pixta_77046099_S.jpg
ランドリーの需要変化と今後の需要予測

DEMAND FLUCTUATIONS & DEMAND FORECAST

​なぜ今コインランドリービジネスに注目が集まるのか?

昔は単身者・学生のツールの一つであったコインランドリーが、今では働くお母さまや子育て世代など生活の一部とした必需産業へと成長してきた背景があります。

総務庁から出ています労働力調査のグラフをご覧頂くと青色は共働き世帯、赤色が妻は専業主婦の世帯。平成9年から共働きのグラフが逆転していきます。さらに平成30年には昭和55年の生活とほぼ真逆の現象がおきております。すなわち、このグラフから世の奥様方の家事に費やす時間が減少したことが推察されます。

image34.png

(出典:総務庁)

​なぜ今コインランドリービジネスが成長している要因
pixta_67644805_S.jpg
​家事・育児の時間が減少したことによる影響

社会背景により家事・育児の時間は減少している中、子育て世代は特に洗濯物が多く、洗濯・干す・たたむに費やす時間や労力が大きかったが、コインランドリーを利用することで買い物ついでに洗濯・乾燥することで家事の負担が大きく軽減でき、